Rainbows!,blog.jpg
  • 虹4

スポーツを楽しむために


バレーボールをプレーしていて

大ケガをすることなんて・・・

実はあるんです。

いまから約3年程前でしょうか。

重度の捻挫をしてギプスをしたことがありました。















ギプスをするということは、

いまの生活を大きく変えてしまいます。

この生活を経験するまでは、

"少し不自由になる位"

と、安易に想像しておりました。

でも、実際は違います。

ダダダダダーンと10秒で降りていた階段。

それを5分かけて腕の力だけで降りなければなりません。

登るにも降りるにも、

まるで呪怨に出てくる伽倻子のようなスローペースです。

日常生活は忍耐と時間さえあれば

なんとかこなすことができるでしょう。

ですが・・・

仕事となると、そう簡単にはいきません。

職種によっては仕事ができない。

という事態も起こり得るのです。

バレーボールに限らず、

「スポーツを楽しむ」ということは、

いかにケガを未然に防ぐよう努めているか。

また、突発的なケガをしてしまったとき、

団体として対策を具体的に考えているか。

これに尽きると思います。

私はいまも、

「安心してスポーツができる環境」で

バレーボールを楽しんでいます。

それは・・・

「練習前に入念なストレッチを行う」

筋肉の可動性を上げ、

ケガを予防するためにも準備体操は必要不可欠です。

特に年齢を重ねれば重ねるほど、

入念に行いたいものです。

「応急手当ができる環境にある」

準備運動をしっかり行っていても、

接触による突発的な障害は避けられないものです。

私のケガも、相手チームがセンターラインを超える危険プレーをしたために起こった障害でした。

もしも・・・ケガをしてしまったとき。

病院にかかるまでに行う迅速な応急手当は、

悪化防止になり短期間で治すことにも役立ちます。

これってとても大事です。

Rainbows!では、

500円の月会費を集めておりますが、

常備すべき応急手当用品を購入するためにも使っています。

「損害保険に加入している」

私は捻挫してから痛みなくプレーができるようになるまで、約1年かかりました。

その間、スポーツ整形外科や柔道整復師の元へ通うためにかかった費用は、約30万円です。

そこで役立ったのが、

Rainbows!で加入している損害保険。

掛け金が低額なので、

全額補償とまではいきませんでしたが、

随分と安心して通院することができました。

どんなスポーツであっても、

リスクはつきものです。

だからこそ何かあったとき、

最小限のリスクで留められる環境下で

スポーツを行うことが大事です。

安心があってこそスポーツが楽しめる。

必須です。

ではまた次回に。

もしもの事を大事に考えている

ソフトバレーボールサークルはこちら